2006年08月20日

命の価値

唐突ですが、僕の部屋の本棚は、本棚のくせに本じゃない物が大量に入っています。

060820_00.JPG

今朝、ケージとトイレの掃除を済ませてトイレ砂をしまったら、一冊の本が落ちてきました。

もう少しで出かける時間だというのに、手に取ってしばらく立ちつくしてました。

偶然ネットで目にしたあの日から4年……

まだ4年しか経っていないのか、もう4年も経ってしまったのか……感じ方は人それぞれだろうけど、紛れもない真実として残っている出来事があります。

このブログを見ている方の中には、知っている人もいると思います。持っているという人もいると思います。

060820_01.JPGこの本を、知っていますか?

ゴミ捨て場に迷い込んだ一匹の子猫を、家に連れ帰ってご飯を与えた人がいた。

これだけなら、珍しくない話です。その先の話が書かれた本。詳細はここでは書きませんが、全てを知ったとき、自分が「人間」であることがたまらなく嫌でした。

人間…にんげん……ニンゲン……

地球上のどんな生き物よりも、多種多様な社会を形成する生き物。

でも、結局は生き物。

「生」きている「物」。

人間以外の生き物も、違いこそ持っていても、根っこの部分まで突き詰めていけば同じ。

「生」きている「物」。

命を持って、「生」きている「物」。

生きるために命を奪うことを、一方的に悪いとは言いません。僕は肉を食べるし、魚も食べます。

でも、誰か(人間に限らず)の命を弄んで奪った覚えはありません。

ペットを飼っている=自然でない環境に動物を置いているということ。
そんな僕に、言う資格はないのかもしれないし、ただの偽善や自己満足のきれい事としか思われないかもしれません。

だから、僕が正しいなんて、口が裂けても言えません。
けど、間違っているとも思いません。

生き物の数だけある価値観。倫理観。道徳感。
本当なら、それらの根元は命を守るための物だと信じたいのに、結局そんなことは甘ったれた理想論やきれい事でしかない。

「わかってるなら、認めればいいじゃない」

誰かがそう言っている声が聞こえる気がします。

「そんなことないよ」

誰かがそう言っている声も聞こえる気がします。

命は大事だと、当たり前のように言っている「人間」という生き物が、命を弄んで奪う行為を楽しんでいる。

そして、こうやって記事を書いている僕もまた「人間」。

違う人間であっても、同じように「命」を持つ「生き物」

人間ではないけれど、やはり同じように「命」を持つ「生き物」である彼らに、僕の姿はどう映っているのか……?

060820_0.JPG僕にとっては大事な家族です

もし、家族として一緒にいることを後悔していないなら……この先も、後悔しないようにしてあげたいものです。



本はおそらく取り寄せないと買えないかもしれませんが、今すぐ見られる物として、詳細をまとめたサイトがあります。辛い現実を目の当たりにするかもしれませんが、知ってほしい事件なのでリンクしておきます。

ニックネーム ゲーム屋さん at 23:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この事件…知りませんでした。
ほんとに世の中にはつらいことが多いですね。

でも、私に飼われてるこの子は幸せなのかと…時々思います。
マルクルがどう思ってるのかはわかりませんが、少しでも過ごしやすく健康に寿命をまっとうできるようにしていきたいですね(^_^)
Posted by まんまるぷぅ at 2006年08月21日 00:41
ニュースになったことは何となく覚えていましたが、詳しいことは知りませんでした。悲しいことですね。。。

私にも何か出来ることはないかと考えました。
家族を増やすのは難しいですけど。。。
ラムはうちの家族であることをどう思っているんだろう?
ペットの幸せって何だろう?
色々考えるきっかけになりました。
Posted by ram at 2006年08月21日 06:59
こんにちは、
私は、本は読んだことありませんがどこかのhpで、
この事件のこと読んだことがあり、とてもショックでした。
地球で、一番不要な生き物って人間じゃないの…?
と思ったりもします。

私もウサギと暮らしながら、
生き物をお金で買うことに疑問をもつことがあるけれど、
最後まで大切に家族として暮らしていきたいし、
幸せにしたいと思います。
人間のエゴかもしれませんけど…

Posted by mai at 2006年08月21日 12:51
この子の気持ちを思うと胸が痛くて苦しくて涙が止まりません。
この子が感じた恐怖はどれ程のものだったのか・・・
私が知らないだけで、世の中に不幸な子達はとてもたくさんいるんだと思います。
そのすべての子達を救ってあげる事は出来ないけれど
一つでも多くの命が幸せになる事を願ってやみません。
所詮キレイ事なのだという事はわかっているつもりですが・・・
お金を出して命を買わなくても、
飼い主さんを探している命は私の周りにもたくさんいるんですもんね。。。
それを無視して新しい命を迎えているのだから、私は偽善者だなと思うのです。
私に出来ることは何か、改めて考えてみようと思いました。
Posted by かーみ at 2006年08月21日 22:22
この事件のこと、知りませんでした。
最初怖くて、Enter押すのに時間がかかりました…。

本当に辛い事件です。
涙が止まりません…。
人間ほど残酷な生き物はいないと思いました…。
そんな人間を癒してくれる動物たち。

みんなが幸せになれたらいいのに…。
この気持ちを、忘れないようにしたいと思います。
Posted by みう at 2006年08月22日 16:54
感情のままで書いてしまったので支離滅裂な部分もありますが、あえてこのままで……
何が言いたいのかわからないような記事でしたが、コメントありがとうございます。
こげんたちゃんが虹の橋でも、生まれ変わってからも……今度は幸せになれるように祈って。



>まんまるぷぅさん
お互い相手の言葉が話せないから、僕も何かあると、マロンもニアもどう思ってるのか気にはなります。
ただ、言葉がないから態度で意思疎通を図ると思うんですけど、
「撫でて」
と寄ってくるのを見ると、少なくとも一緒にいたくないような暮らしはしていないのかな、と。人より短いことは確実ですし、僕も最後まで健康であってほしいと思います。


>ramさん
僕もネット上でリアルタイムで見たわけではなく、事件の一ヶ月後くらいに知りました。自分に何ができるのか考えて、当時はペット不可の家だったから飼ってはいなかったけど、動物にとって、違う生き物のところで家族になることってどんなことなのか考えた覚えがあります。
ペットの幸せ……難しいけど、叶えてあげたいですね。


>maiさん
お久しぶりです。
僕もやはりショックで、人間ってロクなものじゃないと思ったことがありますが、ロクなものじゃない人間の目を覚まさせてくれるのも人間だし、悪い人ばかりでもないと思うようにはしています。
虐待が行われている反面、本当にいい家族として一緒に暮らしている子もいるわけですから。


>かーみさん
「なんのために ぼく うまれたの?」
この言葉を読んでからは、涙をぬぐうのも忘れて読んでました。
確かに、全ての子が救えるとは思えませんが、一人の人間に救える命がんのほわずかでも、集まればたくさんの子が救えるし、そこから始まることもあるのだと思います。
「かわいそう、というだけの感情でひきとられることは、この子にとって保健所に行くことと同じくらいかわいそうなことなんです。人に裏切られて心に傷を負ったかもしれないし、一生あなたには心を許さないかもしれないけど、それでも面倒を見ますか?」
捨てられていたキュアを獣医さんに連れて行ったときに言われました。
正直悩みましたが、
「この子は生きるために生まれたんだから、殺処分はさせません」
と引き取ったことを思い出します。兄弟と一緒にいた中でキュアしか連れ帰れなかったから、たった1羽でしたけど……
「なんのために?」
きれい事かもしれないけど、生きて幸せになるためなのだとみんなが言える世の中になってほしいと思います。


>みうさん
僕もはじめて知ったときは、とにかく読むのが怖かったです。
でも、知らなくちゃいけない。何も知らずに「かわいそう」だなんて、そんな上っ面だけの言葉でこの子の死を口にしちゃいけない。
そう思って、何もかも全部見て、読んで……今だから言えますが、当時あまりの内容に朝が来たのも気づかなくて、会社に行くのも忘れてPCの前から一歩も動けなかった覚えがあります。
みんなが幸せに……僕もそうあってほしいと思います。
Posted by ゲーム屋さん at 2006年08月22日 20:30

この事件、よく覚えています。
当時ネットで読みました。
こげんたちゃんの最後の姿を見る勇気がなくて画像は目にして
いませんが、文字だけでその詳細が浮かび、同じ人間として
やり切れなかったです。
彼は人間じゃないと思いました。人間の皮を被った最低なヤツ。

でも、こげんたちゃんの瞳に映ったのは紛れもなく人間。
最後の最後にされた仕打ちの時、瞳に映されたのは人間の卑劣に笑った顔だったんですよね。

私たちにできることは、こげんたちゃんと同じような目に遭う
ことがないように、いたずらに命を奪うことの罪の深さを皆が
わかるように声をあげることだと思います。
こんなことを自覚するのって、生きているものとして至極当たり前のことなんですけどね。。。

Posted by maromama at 2006年08月23日 10:24
>maromamaさん
最初に事件のことを知ったときは、「人間」という言葉で全ての人を言い表せてしまうことが嫌でした。僕は彼とは違う、と思っても、この子からしたらそんなことわからなくて、全部人間なんだろうなぁ……と。
命を奪うことは罪。きっと、根っこの部分では誰もがわかっているんだと思います。というか、わかっているはずだと信じたいです。
Posted by ゲーム屋さん at 2006年08月25日 05:01
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/423328

この記事へのトラックバック