2009年02月07日

おやすみ

これまでマロンを可愛がってくれた皆さんに、マロンに代わってお礼申し上げます。
ありがとうございました。

ちゃんとした報告は、頭の整理ができてから。少し時間をください。

09_02_07.jpg

ニックネーム ゲーム屋さん at 15:11| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉を失ってしまいます。
えっ!と言ったまま・・・
ゲーム屋さん、なんと申し上げてよいのやら(T_T)
気の利いた言葉が見つかりません(T_T)

でも、ゲーム屋さんのお気持ちは痛いほど分かりますよぉ。
頭の整理も気持ちの整理も時間が必要です。
わたしも、まだまだ・・・です。
どうぞ無理せず、ゆっくりゆっくり・・・。

マロンちゃん、色々あったけど、ゲーム屋さんのもとで楽しい兔生でしたね。
このお写真も穏やかなお顔でねんねしているようです。

今日、水仙の花を買ってきました。
心をこめて、マロンちゃんにささげます。
マロンちゃん、ありがとう。
また会えるその日まで・・・。
Posted by みんち at 2009年02月07日 17:40
信じられないです…。ショックです…。でも、ゲーム屋さんの方がもっとショックですよね。。。うちのマロンとよく似てるマロン君、いつかまた会いたいです。ゆっくり休んでまたゲーム屋さんのところに来てね。もちろん、うちでもいいよ!
Posted by あき at 2009年02月07日 20:56
あまりに突然のことで信じられません…。
マロンくん、本当にただ寝ているだけみたいですね…。
ゲーム屋さんの膝の上で寝ていたマロンくんの気持ち良さそうなお顔が思い出されて涙が止まりません。。
マロンくん、ゲーム屋さんの愛情に包まれて本当に幸せだったと思います。
お月様ではキュアちゃんとニアちゃんに会えますね。
まりもも一緒にうさんぽ出来るかな…。

マロンくんも心配していると思いますから、どうかお身体だけは御自愛下さいね。
ご冥福を心よりお祈りいたします。。
Posted by みう at 2009年02月07日 23:41
マロンさん、お月様にいってしまったなんて(><)
お花に囲まれてるマロンさんを見ながら私も涙が止まりません・・・
なんと言ったら良いのか、本当に言葉が出てこないのですが。。
どうか無理しないで下さいね。
ご冥福をお祈り致します。。。

Posted by ram at 2009年02月08日 01:22
マロンくん………?
あんなに元気だったのに…?
あまりにも突然で、言葉になりません?
でも、それ以上に、ゲーム屋さんは………。

マロンくん、お月様に行ったら、弟くん達やお友達も沢山いるよね。
そして、なにより、ゲーム屋さんと出会えた事が、一番幸せだね…。

ごめんなさい。
これ以上、コメント書けないわ??

マロンくんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。ゲーム屋さんも、ご無理なさらずに。
Posted by ゆいな at 2009年02月09日 12:54
みんちさんのサイトで、知り。。。
まさか、、、と。。。

ほんとうに眠っているようなお顔です。。

お別れ、、
ほんとうに悲しいです。。。
でも、いっしょに楽しい時間を過ごした、、という事実は、もうずっと消えないことで、、、
マロンちゃんとゲーム屋さんの共有しているお宝なことだったと思うのです。

(自分にも言い聞かせることなのですが。。。)

Posted by おがみな at 2009年02月10日 00:50
>みんちさん
最近ようやく、マロンも含めて兄弟の写真を落ち着いて見られるようになりました。
花なんて、生まれてこの方数えるくらいしかかったことがないのですが、せめて同じものを、と思って近所の花屋さんで水仙を買ってきて飾らせていただきました。マロンにもきっとミンチさんの心遣いが届いていると思います。ありがとうございました。
また会えるまで……僕もそんな日が来ることを願いつつ、今はしっかりしようと思えるようになりました。



>あきさん
あきさん宅のマロンくん、本当に似ていましたね。初めて見たときに、本当にビックリしたことを思い出します。
ウチは、番長と呼べるような子ではなかったんですけど、元気で長生きしてくれることを願います。ウサ飼いさんのブログを見るときは膝に乗せて一緒に見ていたので、マロンも覚えているかもしれませんね。



>みうさん
僕も、膝で寝ていたいつもの顔と変わらない表情だったと思います。月で兄弟そろって元気にいてくれるなら……そう思うようにしています。うさんぽの約束は果たせませんでしたが、その分まりもちゃんと会えていることを願います。



>ramさん
お気持ちだけで救われます。ブログを通じてですが、マロンを可愛がってくれた方が僕以外にもいたことを実感できて、大変嬉しく思います。
正直、マロンの半生は決して良いものではなかったと思いますが、こうして声をかけてくれる方がいて、マロンも喜んでいるはずですし。みんながみんな、自分を辛い目に遭わせる人間ばかりじゃないとわかってくれたと信じたいですね。



>ゆいなさん
兄弟一緒にいられることもそうですが、こうして色々な方が声をかけてくださることが何よりマロンの救いになると思います。
正直、僕の接し方が過保護だった点は否めません。どうしても、保護されるまでのことが忘れられずにいたし、今でも写真や保護記録は覚えているので。
でも、マロンがその過去よりも、保護された後のことを覚えていて幸せだったと少しでも思えるようになってから月に帰ったなら、僕といた生活も意味があったのかなと思います。



>おがみなさん
おがみなさんのお宅の兄弟のように、長く一緒にいてくれたら良かったんですけど……でも、悲しいだけの生活じゃなかったと、今は思えるようになりました。
別れの悲しみは確かに大きいんですけど、初めて近づいてきてくれたときのことや、撫でられながら眠ってくれたときのこととか、些細なことかもしれないんですけど、幸せな時間をくれましたから。そういう時間は、確かに宝物ですね。
Posted by ゲーム屋さん at 2009年04月16日 00:57