2009年04月24日

背中で語るウサギ

僕がマロンを迎えてすぐの頃、ケージに近づくだけでも奥に引っ込んで緊張で固まっていたというのは何度か話しましたが……

PDR_0042.JPG

……本当に酷いときは、僕がケージから離れるまでずっとこうやって僕に背中を向けていました。
事情が事情だったので仕方ないかなとは思いつつも、この頃は、慣れてくれる日が来るかどうか不安の方が大きかったです。

ニックネーム ゲーム屋さん at 00:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする