2009年03月04日

いつか答えがわかるときまで

※自分の仕事が物書きだと言うことが恥ずかしくなるくらい、まとまりも何もない文章ですがご勘弁を。



マロンのことを考えないのは無理なんですが、それでも一月近く経てば少しずつではあるものの落ち着きもします。もっとも、ウサギ部屋だけはどうしても片付ける気になれず一月前から時間が止まったままですが……

マロンはもともと保護ウサギで、里子として僕のところに来たのですが、一月近く、

(マロンは幸せだったのかな……?)

と考え続けてます。

保護される前のマロンがいた環境は、ウサ飼いさんでなくても異常としか言えない状態でした。

炎天下の中、外に放置されていた掃除もされていない鳥かごにもう一匹の子(※)と押し込められて、殆ど身動きもできない状態。水もなく、与えられていたのは芽が出たジャガイモだけ。
オス同士ではケンカが当たり前なのに、ロクに身動きもできないサイズの鳥かごの中では無理だったのかもしれませんが、そもそもケンカするような元気もなかったように思えます。
トイレなんてもちろんないから、保護された直後は毛も汚れきっていて酷い状態だったそうです。病気にはなっておらず痩せていただけだというのは、本当に幸運だったとしか言いようがないと思います。

※マロンがウチに来てから程なくして、その子も別の里親さんに迎えていただけたそうです。

いくら個体差があるとは言え、トイレの概念もない、そもそも動くスペースもロクににない環境だったのだから、完璧にトイレを覚えるまで年単位で時間がかかったのも無理はないでしょう(事実、保護宅にいたときもトイレは使えなかったそうです)。

あんな環境でマロンが人間に慣れたとは思えません。保護されるまでマロンにとって人間は恐怖の対象でしかなかったでしょうし、そうでなかったとしても、自分に対して行為を向けてくれる存在ではなかったはず。

(この子をウチの子に受け入れよう)

そう決めたところで、慣れてくれる保証もなければ、当然その自信もあるわけなくて……
正直、不安の方が大きかったのは事実です。

そんないきさつがあるだけに、どうしてもマロンに関しては幸せだったかどうか考えてしまいます。

引っ越しの際、十分に遊べる専用の部屋を作ったのも、狭い空間に押し込めるのが嫌だったから。放し飼い状態にしたのも同じ理由で、トイレは、そのために覚えてもらったようなものです。

確かに、ケージだけ見ても広くなった上、実際には家の中も好きに動き回って遊んでいても大丈夫。ご飯も水も毎日切らさなかった。

撫でるのも抱っこするのも慣れてくれたし、腕の中で寝てくれることもあったし……

それでも、

(まだ何かできたんじゃないか?)

という感覚が消えません。

マロンに返事をもらうことはできないとわかっているし、そもそも返事が欲しいわけでもないんですが……

決して順風満帆な一生ではなかっただろうし、僕には想像できない扱いだったからこそ、その分を埋めてあげられたかどうか。忘れさせてあげることができたか疑問です。


気持ちと頭の整理をするのにも時間はかかります。だったら、もう一つくらい考えることが増えても同じこと。きちんと自分の中で整理が付くまで考えることにします。

マロン、幸せだったのかな……?

ニックネーム ゲーム屋さん at 03:02| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする